記事一覧

大文字山 (京都)

京都大文字山


2017年7月9日 瀨戸山の会  7月例会
6時30分 出発 (バス49名)
京都  大文字山へ
kyt7_9tzuB.jpg
kyt7_9_b.jpg 
(サムネイル)拡大
「大文字山」は京都市左京区にあり京の街を見守る山
(如意ヶ岳,如意ヶ嶽)とも呼ばれ街中から1時間程度で
  登る事が出来ます。山頂からの眺めは絶景です。
 京の街を一望に見渡せます。毎年8月16日夜の「五山の送り火」が点火される山です.
kyt7_9_2s市街地から大文字山を仰ぐ․鉄線が多いい・・・
10:00 市街地を歩く 正面に大文字山を望みながら歩く (電線が余りにも多くて・・・)
kyt7_9_4skyt7_9_5skyt7_9_6s
10:20 蹴上駅から京都市街地歩き 登山口近くで準備体操 急登の登山口へ 
kyt7_9_7skyt7_9_9skyt7_9_10s
10:50 登山道は日陰でも 蒸し暑く 汗だくだく
11:00 度々の水分補給 休憩をしながら登る。
登山者下山者も多く狭い道の譲り合いで何回も立ち止まる。
kyt7_9_12skyt7_9_14s  
11:20 1時間弱で展望所 大文字へ到着 目の前に京都御所、鴨川、
京都大学 京都工繊等々 CLから 説明を受ける。
kyt7_9_19skyt7_9_16s
kyt7_9_23skyt7_9_13s
kyt7_9_11skyt7_9_15s
kyt7_9_20skyt7_9_18s
kyt7_9w5.jpg
京の市街地展望 (ワイド写真)
歩いた三条大通り 加茂川 京都御所の森・・・等々を眺める
おべんとう しっかり休憩して汗も乾いて山の風が気持ちいい、
kyt7_9_25skyt7_9_24s 
11:58 大の字の交点の火床 (大文字火床)を後にして
再び山頂へと登る。
kyt7_9_26skyt7_9_30s
12:00
kyt7_9_31skyt7_9_32s
kyt7_9_33skyt7_9_34skyt7_9_36s
13:47 急坂の下山 石がゴロゴロと歩き辛い 褐色の粘土道
滑らないように要注意で下る。分岐での標識が曖昧 
度々歩きが止まる。登って来られる人から確認を貰う。 
kyt7_9_35skyt7_9_38s
13:59
kyt7_9_42skyt7_9_39skyt7_9_43s
(琵琶湖疏水)大文字山を通る。
kyt7_9_44skyt7_9_46s
銀閣寺へ到着 登山口から4時間以上 
水分補給   お弁当は 全て汗となる、此所で🚾へと急ぐ 
kyt7_9_47s
室町幕府 八代将軍の足利義政によって造営され慈照寺
kyt_7_9tkt.jpg kyt7_9_54skyt7_9_50s
南禅寺の三門(入場券大人¥500 団体¥400)ゆかた姿の子供達 
京の都に素適に似合う 回廊を歩く 
kyt7_9_51s 
三門  
「歌舞伎の中で大盗賊石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」と
いった山門。2階建て高さ22m。周囲に回廊があって
南禅寺全体をながめることができます。
kyt7_9_52s
大文字 一連の歩き 見学を終えて 記念写真
冷房して待って下さるバスへと乗る。

京都の天気 当日は曇りにわか雨の予報 台風も2ッ  
最高気温30.6℃ 猛暑日でした。
それでも準備した雨具を使う事も無く、展望も良くて幸いでした。
雨上がりの山は泥濘み、湿気も多く蒸し暑い 京都の1日でした。
kyt7_9_55skyt7_9_1s
18:00 帰途バスの立ち寄りSA

『大文字山』
京の夜空を焦がす送り火
kyt7_9_s1.jpg
8月16日に行われる、東山如意ケ嶽の「大文字」をはじめとする
京都市内の5つの山に送り火が点火される伝統行事

琵琶湖疎水 長いトンネルを経て京都の蹴上に疎水は流れています、
分水後は南禅寺・水路閣を経て哲学の道に流れています。

瀨戸山の会に参加出来てほんとうによかった。
朝 集合地へ 思いがけない朝からのラッシュを抜けて
何とかセーフ  不安いっぱいでの例会参加でした
何もかもが はじめて 気がかりだった 京都 今一度
振返りBLOG書いてます。瀨戸山の会の皆さん、お世話に成りました。

Fc2BLOG目次吉備の社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コニちゃん

Author:コニちゃん
2002年リタイヤを期に大山の麓
伯耆町に生活の場を移して
『シニアライフ』 
いなか暮しを始めました。
『林住期』人生の黄金期
SKI、山歩き、パソコン(HP)公民館
(粘土教室)ダンス)ボランティア活動
大山の友と10年間でした、
此れまで無縁だった病気に成り、
帰岡しました。林住期も終盤近く
何かと不安な日々です、
先ずは、健康第一と過す日々です。

最新コメント