記事一覧

阿舎利山から一山

阿舎利山から一山へ
宍粟50名山 "しそう天空回廊” 1,000メートルの風にのって
ssou_50amap.jpg 
siso_tz6.jpg sis7_19k_1ssis7_19k_2ssis7_19k_3s  
7:30 岡山から1時間 国道29から宍粟へ 山崎を通過
asy7_19_1.jpgsis7_19k_5ssis7_19k_6s
9:00 登山口到着(2時間30分)阿舎利山登山口 阿舎利二ッ橋  
9:15堤防  渓谷のせせらぎを聞きながら・・・登って行く 
sis7_19k_7sasy7_19_2sasy7_19_3s
壊れた木橋 バランスを崩すと川に落ちそう危険なハシゴ渡りもある。
渓谷を右に左にと渓谷渡り水の中苔の石を 四ッ這いで渡る。
sis7_19ra.jpgsis7_19k_8ssis7_19k_tg.jpg
9:35 間違えたのかしら・・・と、思える 様な道なき渓谷と樹林の急斜面を
時折 境石 石柱 テープを見つけてホットしたり解り難い踏跡を辿る
ハァハアと汗を流しながらの一歩一歩sis7_19k_56.jpg
11:34 展望も無い樹林帯で癒やされる風景 氷ノ山が見える。
asy7_19_4sasy7_19_7sasy7_19_8s
11:06 林道に梯子の架設がある、ここで休憩後登って行く
11:36 阿舎利山への稜線に到着する 
11:43 阿舎利山頂上1087m 足の筋肉硬直 
 漢方38番を飲みミネラル水を飲んでラスト急登 山友のストックに
 掴まり到着汗

sis7_19k_17ssis7_19k_18ssis7_19k_20s 
11:38 阿舎利山 スタート地点からの渓谷沿い急登で体力を早々に失い、
苦しい歩きとなった。 広い山頂からは展望は無い 稜線でお弁当を食べる。
11:58 標識の方向 阿舎利峠へと歩く  
12:48 作業道登山口を目指して急坂を下る。途中の伐採箇所と獣避ネット
sis7_19k_57.jpg
13:06
 次に登る「一山」を望む 林道終点歩き 
(これから 1時間はかかるなぁ~と・・・)
初めての山 そんな予測が?!

sis7_19k_30ssis7_19k_31s 
13:24 一山への登山口へ到着 ロープの階段から

sis7_19k_32s
14:08阿舎利山から歩いた道、伐採場所などが見えて 感無量
sis7_19k_33s 
14:20阿舎利山から続けてのキツイ登山で筋肉痙攣足を引きずりながら
山頂へ 素晴らしい展望にあぁ、よかった。 トンボが群れ飛んでる。
「約1時間、正解でした。度々足を止めさせた私のせいで10分オーバー」 
asy7_19_11s

knban.jpg  
看板が汚れて解り難い・・・
 asy7_19_13ssis7_19k_38sasy7_19_9s

sis7_19k_44ssis7_19k_45ssis7_19k_46s
14:53(三等三角点 )1064.4m  カメラを取り出す。汚れた看板も写して眺めた山々確認する。
sis7_19k_55.jpg 
sis7_19k_58.jpg
sis7_19k_59.jpgsis7_19k_42ssis7_19k_43s
sis7_19k_50ssis7_19k_51ssis7_19k_52s
16:46山小屋の横に降りてきて此所からは林道歩きとなる。
17:10
 阿舎利二ッ橋 登山口へゴール
sis7_19k_53ssis7_19k_54s
阿舎利の水(一宮の名水)17:51播磨いちのへみや道の駅 「閉店していました。」

森林王国と呼ばれる宍粟の山々 特に2017年SKIシーズンでは、
豪雪地帯 宍粟・若桜町へと国道29号線を通り
雪山の宍粟の山並に感動 この山を歩きたいと思いました。
「宍粟50名山」大々的に紹介されている山行記録
しかし、驚きました。登山道は整備されてなく倒木が多く標識も看板も
解り難く森林、雑草の中 急斜面 右往左往として、その内 
道間違いで更に険しい下山となりました。仲間に助けられて
ゴール出来ました。大変な山歩きとなり、全てが反省です。
(9km 14900歩 8時間)


2016.9.15 藤無山1139 m 
2017・6/14 宍粟 黒尾山

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コニちゃん

Author:コニちゃん
2002年リタイヤを期に大山の麓
伯耆町に生活の場を移して
『シニアライフ』 
いなか暮しを始めました。
『林住期』人生の黄金期
SKI、山歩き、パソコン(HP)公民館
(粘土教室)ダンス)ボランティア活動
大山の友と10年間でした、
此れまで無縁だった病気に成り、
帰岡しました。林住期も終盤近く
何かと不安な日々です、
先ずは、健康第一と過す日々です。

最新コメント