記事一覧

滑床渓谷&御祝山 


5月14日 2日目




現地情報から四万十川の支流である『目黒川』の水量が
昨日までの雨により増量 奥千畳   登山口からの三本杭への
コースは不可能と成りました。

14日 新コース
 Ot、On班 山コース   三本杭 
 Dm 班  滑床渓谷~御祝山(シャクナゲのトンネル
name_tzk
地図

nam5_13_52R.jpg
滑床渓流『目黒川』にかかる吊り橋を渡りホテル森の国へ
nam5_13_49R.jpgnam5_13_55R.jpgnam5_13_60R.jpgnam5_13_61R.jpgnam5_13_57R.jpgnam5_13_64R.jpg
 午前5時45分から朝散歩 ホテル周辺   万年橋、キャンプ場跡
目黒川の  河原歩き 6時半 朝食後 ホテル玄関へ集合
nam5_13_69R.jpgnam5_13_63R.jpg 
7:40 準備体操 新コースでの出発 
滑床渓谷~御祝山班に加わり スタートする、
nam5_13_70R.jpgnam5_13_71R.jpg  
 河鹿ノ滝 
nam5_13_73R.jpg
出会滑(デアイナメ)一枚岩の上をさらさらと流れる川面
nam5_13_76R.jpg 

nam5_13_77R.jpg 

nam5_13_78R.jpgnam5_13_74R.jpgnam5_13_75R.jpg
nam5_13_85R.jpgnam5_13_81R.jpgnam5_13_86R.jpg
8:47 次々に出てくる絶景に癒やされながら・・・nam5_13_84R.jpg
nam5_13_82R.jpg
nam5_13_83R.jpgnam5_13_88R.jpg
滝巡りから万年橋へ引き返して 続いて御祝山の登山口へ
nam5_13_89R.jpgnam5_13_90R.jpgnam5_13_93R.jpg
スタートからの超急登 水分補給場所で2人が下山 
マダマダ続く・・・この急登ガマンガマンでハァハァも一歩一歩
nam5_13_97R.jpgCL(dmさん)シャクナゲ お弁当 タイム ホッと笑む・・・
午前11時58分 シャクナゲの下でお花見おべんとう ゆっくりの休憩
nam5_13_115R.jpgnam5_13_100R.jpgnam5_13_111R.jpg
自生地 シャクナゲのトンネル 白色も咲いている 体力の快復
nam5_13_99R.jpgnam5_13_103R.jpgnam5_13_108R.jpg     
 12:10御祝山  そして登った道を引き戻す、フイフイと下山は早い
nam5_13_113R.jpgnam5_13_117R.jpg 
14:50 急登の歩きで御祝山へも登ってシャクナゲを眺めて時間通り
無事下山 ナカウン交通 緑のバスと乗務員さんが待っています。
さぁ~ 森の国 宇和島を後にする。その前に記念写真 全員が
 達成感喜びの笑顔です。
syago_1.jpg   
15:20   
滑床渓谷はこの鬼ケ城山系を源流とし、西から東へと流れ
四万十川に入ります。深い渓谷は水量も多く 迫力ある滝を
眺める事ができました。 徒歩の会あっての遠征登山に参加できました。
ありがとうございました。
5月13日へ戻る BLOB吉備の社2  次へ   戻る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コニちゃん

Author:コニちゃん
2002年リタイヤを期に大山の麓
伯耆町に生活の場を移して
『シニアライフ』 
いなか暮しを始めました。
『林住期』人生の黄金期
SKI、山歩き、パソコン(HP)公民館
(粘土教室)ダンス)ボランティア活動
大山の友と10年間でした、
此れまで無縁だった病気に成り、
帰岡しました。林住期も終盤近く
何かと不安な日々です、
先ずは、健康第一と過す日々です。

最新コメント